Team3E活動紹介

Team3E 活動目的

Team 3E はWorld EconomoveやEne-1といった電気自動車の燃費レースを競うために設立されたチームです.工学院大学,東京工業大学のそれぞれの電気自動車チームのOBをメンバーとし,現在3名により活動しております.

我々は,「新型モーター」を製作する,というチーム主要目的のもと,同時にそのモーターが業界最先端として各チームに広がるよう,レースにおいて結果を出すということを念頭に活動しております.

そのため,モーターの製作と同時に車両系統のアップデートや業界最小コントローラーの開発なども行っております.

またこれらのレースを広めるべく,技術解説などを行っていきたいと考えております.

Team3E 最新進捗 2019.11.22最終更新

モーター系統

株式会社JSOL様のご協力をいただき,電磁場解析ソフトJMAGを貸与いただき,そちらを使用してモーターを設計いたしました.,各種設計要件を満たしているか,このモーターが既存のものと比較してどの程度優れているかを検討し,2019.11.22現在,実際に製作を行っている最中です.

画像は検討案のうちの一つであり,実際に製作を行っているものではありません.実際の最終案はこれよりもさらに小型化を達成しています.

検討中のアキシャルギャップ型DDモーター

コントローラー系統

コントローラーは,2018年度作成した第一号試作機をもとに,概念設計について終了しております.現在細かなパーツや基板について検討中であり,12月末での完成を目指しています.

モーターはセンサレスベクトル制御で最大効率制御となる予定です.また,それだけではなく,クルーズコントロール機能等秋田大会仕様の機能も検討しています.

試作第一号機

車両系統

車体は2018年度使用した車体,SURUMEIKAを大幅バージョンアップする予定です.AnsysCFXを使用し空力条件での最適化を進めています.

SURUMEIKA走行試験の様子